MENU

首イボにサルチル酸は使っても大丈夫?

首イボが出来てしまったら、皮膚科に受診するか、市販薬を使いますが、その際、足のイボが出来た時に使った薬が出てきました。

 

首イボと足のイボは同じ薬を使っていいのかどうか、知りたかったので詳しく調べることにしたのです。

 

【サルチル酸はどんな成分】

 

足のイボが出来た時に使った薬ですが、成分にサルチル酸と書いてありました。

 

気になったので、具体的に調べていくと、驚きの結果が出ました。

 

まず、首イボと足のイボは全く違うものだったのです。

 

ですから当然薬品の成分は違うものを使用しなければいけないということが判明しました。

 

足のイボは足の裏などに出来るものですから、当然皮が厚い部分に出来ますが、首イボは皮膚の薄いところに出来ます。

 

足の裏などに出来たイボはサルチル酸といって硬くごわごわな皮膚の角層を柔らかくする、つまり削り取るピーリング効果がある成分が含まれている薬品を使用します。

 

ところがこのピーリング効果のあるサルチル酸を使用している薬品を首のイボに使用してしまうと、ひりひりする、火傷のような跡が出来るなどとんでもないことになってしまうそうです。

 

またこのサルチル酸は使用する際にも細心の注意が必要になってきます。

 

このサルチル酸は比較的成分が強力ですので、他の部分に誤って塗布してしまうと、その部分が炎症を起こしてしまう恐れがあるからです。

 

【サルチル酸は首イボには使えない】

 

首イボと足のイボは同じものではないのです。

 

イボとあるのでつい同じものと考えがちですが、首イボは皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の周期が乱れ、紫外線の影響、皮膚への摩擦等などで出来てしまいます。

 

足のイボは角質が石のように硬くなったり、またはウィルスが傷口から侵入してできてしまったりなど全く出来る状況がことなりますから、当然治療法も異なる訳です。

 

サルチル酸を使った絆創膏などで魚の目のような足のイボは比較的取れやすいです。

 

しかし、このサルチル酸を使った絆創膏を首イボに貼ってしまうとその部分の皮膚をはがし取るのですから、首のような薄い皮膚の部分がはがれてしまうと、炎症を起こしてしまうことになります。

 

足裏のように皮膚が固い部分には貼っても大丈夫ですが、とてもデリケートな首元には使えないことがこれで判明しました。

 

例えピンポイントでサルチル酸を患部に塗布しても、健常な角質もその効能で軟化させてしまうのですから、これは素人判断で使うことは絶対やめましょう。

 

【首イボは毎日のケアで予防】

 

出来てしまった首イボは皮膚科に行ったり、市販薬で治したりと様々な方法で治療はありますが、やはり予防することは大切です。

 

首イボの出来る原因として、先ほど皮膚のターンオーバーの乱れ、紫外線の影響、皮膚への摩擦などを上げました。

 

ですから、首元のケアをきちんとすれば、首イボは予防出来るのです。

 

保湿クリームを首元に塗る、紫外線を浴びないように心がける、など簡単に実行できるものです。

 

首イボが出来てしまった場合、素人判断で間違った薬などは安易に使用しないでください。

 

【関連記事】⇒首イボに効果ある市販薬ってありますか?

関連ページ

自宅での首イボの取り方はどんな方法?皮膚科の首のイボの取り方はどんなことするの?
自宅で首イボの取り方は安全なの?では首イボの皮膚科での取り方は?どちらのメリット、デメリットを検証してみました。
首イボってハサミで取るのですか?
首イボをハサミでちょん切る治療法っていったい安全なのかしら?首イボをハサミで取ろうと思っている方はご確認ください。
首イボ治療のレーザー治療ってどんなふうにするのかな?
首イボのレーザー治療について詳しく調べてみました。首イボをレーザーで取る場合の詳細をご紹介します。
首イボが出来る原因はズバりこれだ!
首イボが出来てしまう原因をしっかり調べました。首イボの原因を調べている方はご覧ください。
首イボの種類ってどんなものがあるのかな?
首イボにはどんな種類があるのでしょうか?首イボの種類を詳しく調べましたので、参考にしてね。
首イボに効果ある市販薬ってありますか?
首イボに使える市販薬はあるのか?首イボの市販薬について詳しく調べてみました。