MENU

首イボに効果ある市販薬はあるのか?

首やデコルテにポチポチと出来てしまった首イボ。

 

皮膚科に行こうと思っても、なかなか時間は取れず、また皮膚科で首イボを除去しても、この首イボは厄介なことにまた再発する恐れがあります。

 

そんなときに市販薬で首イボを治したいと思い、詳しく首イボの市販薬について調べてみました。

 

【首イボが出来る原因】

 

さて、なぜ首イボが出来るのか?

 

簡単に言えば、「加齢による新陳代謝の低下」、「皮膚への乾燥や摩擦」、「紫外線による皮膚へのダメージ」などが挙げられます。

 

厄介なことに首のイボは自然には治りません。

 

ですから、皮膚科に行くなり、市販薬に頼らなければ、いけないのです。

 

【首イボの市販薬 内服薬】

 

首イボの治療の市販薬ですが、2種類があります。

 

それは身体の内部から首イボを治療する内服薬、外側から首イボに塗って首イボをはぎ取る軟膏タイプの2種類です。

 

まず、内服系の市販薬ですが、皮膚のターンオーバーを整えて皮膚の深層部から肌の状態を整える方法で首のイボへアプローチをかけます。

 

この場合、肌の状態を整える、つまりかなりの時間をかけなければいけないのですが、日常的に行いますので、イボの治療だけではなく、にきび、シミなどの状態にもアプローチしてくれるという嬉しいおまけもつきます。

 

その人の肌の状態を整えるということで、個人差があり、どのくらいのスパンをかける、などのはっきりしたことは申し上げることが出来ませんが、肌の状態を整えるので再発防止や予防になることには間違いない状態です。

 

また肌の状態を身体の内側から整えますので、この場合首に潤いを与える化粧品などを併用しますと更に効果が上がると言われます。

 

【首イボの市販薬 軟膏】

 

首イボの市販薬で直接首イボに塗り込む軟膏タイプがあります。

 

この軟膏タイプの市販薬ですが、首イボに直接塗り込み、角質をはぎ取るというピーリング効果で首イボ除去にアプローチをかけるものです。

 

この場合、角質をはぎ取るものですから、周りの皮膚も一緒にはぎ取ることになります。

 

ですから、必ずこの軟膏を使用する場合は保湿クリームなどでケアする必要があるのです。

 

【どんな市販薬を使用するのか?】

 

自分の首イボの状態を見極めて市販薬を選ばなくてはいけません。

 

内服薬では漢方のヨクイニン(ハトムギ)の服用を勧められる場合もあります。

 

このヨクイニンは古来よりイボを取るための薬として使用されてきました。

 

また市販薬には内服薬、軟膏と大まかに分けましたが、厚生労働省が認可した医薬品であるか、また症状の緩和や再発の予防のための成分を厚生労働省が認可した成分が配合されている医薬部外品であるか、美容効果でアプローチする化粧品などと様々です。

 

ご自分の首イボの症状、また時間の関係などでもどの市販薬を使用して治療するのかなど、状況は異なるでしょう。

 

自分の内側から、首イボが出来にくい肌を作り上げていくのか、またサッと首イボ患部をはぎ取るのか、滑らかな首の状態を目指して化粧品でアプローチをかけていくかなど、ご自分の首イボの症状を見極めたうえで、市販薬を内服薬、軟膏タイプ、化粧品などどのタイプにするのかを選択するようにしましょう。

 

【関連記事】⇒自宅での首イボの取り方はどんな方法?皮膚科の首のイボの取り方はどんなことするの?

関連ページ

自宅での首イボの取り方はどんな方法?皮膚科の首のイボの取り方はどんなことするの?
自宅で首イボの取り方は安全なの?では首イボの皮膚科での取り方は?どちらのメリット、デメリットを検証してみました。
首イボってハサミで取るのですか?
首イボをハサミでちょん切る治療法っていったい安全なのかしら?首イボをハサミで取ろうと思っている方はご確認ください。
首イボ治療のレーザー治療ってどんなふうにするのかな?
首イボのレーザー治療について詳しく調べてみました。首イボをレーザーで取る場合の詳細をご紹介します。
首イボが出来る原因はズバりこれだ!
首イボが出来てしまう原因をしっかり調べました。首イボの原因を調べている方はご覧ください。
首イボの種類ってどんなものがあるのかな?
首イボにはどんな種類があるのでしょうか?首イボの種類を詳しく調べましたので、参考にしてね。
首イボ治療にサルチル酸は使用できますか?
首イボの治療にサルチル酸を使用しても大丈夫かどうか知りたい。